フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

葉玉ねぎ

160228

通年の定番野菜の代表選手のような玉ねぎですが、この時期だけはいろいろな季節玉ねぎが登場します。
その中でもあんまり玉ねぎらしくないのがこれ、葉玉ねぎです(→JA長生)。玉ねぎが膨らんでくる前の下の部分と葉っぱ。香りも優しくて繊維もやわらかい葉っぱも主役。せっかくなので、丸ごとグリルでじっくり焼いたら、玉ねぎの甘さとは全く違う、軽い甘みと香りがあって、冬から春、という気分にぴったり!
このほか、この時期ならではサラダオニオン(ホワイトオニオンというお店もあり?)も登場しますし、いつもの玉ねぎもちょっと気分が変わりますね!

2016年2月22日 (月)

もみ菜大根

160222
立派な葉っぱ付きのミニ大根みたいなものを発見! もみ菜大根だそうです。もみ菜っていうんだから、葉っぱをもんでお漬物にするんだろうなぁという感じで買ってみたのですが、なんと、2種類あるんだとか(→マルイファーム)。
これは見た目通り、葉っぱ付きミニ大根ですね。
大根だけ、葉っぱだけで調理するのもいいですが、せっかくこんなかわいい形なのですから、ちょっとおしゃれ野菜風に使ってみたいところです。
ということで、1,2本はおしゃれ付け合わせのバター煮に、そのほかは刻み漬けみたいにしたのですが、大好評!! よかった~!

2016年2月12日 (金)

チョコレートweek

160212
バレンタインのチョコ週間がやってきました。
といっても、お配り用以外にこの時期しかなかなかお目にかかれないチョコレートを自分用に買うほうがずっと多い毎年(笑)!
プラリネタイプのボンボンショコラももちろんゲットしましたが、今年はビーン・トゥ・バー、の板チョコブームに乗っかって(!?)面白いタイプの板チョコもいろいろ買ってみました。カカオの産地や品種にこだわって、単一品種、単一産地や農園のカカオで作られたり、オリジナルのカカオの組み合わせにこだわったり、作り方自体に特徴があったり、よりマニアックで小さい単位のチョコづくりが流行。
もうかれこれ15年くらい前に訪れたバイヨンヌのチョコレート屋さんではすでにその頃に産地別の板チョコが10種類くらい作られていて、品種や産地の面白さに気づかせてもらいました。あれはビーントゥバーの走りだったのかしらん? と今になって思います。東京産のチョコレートも生まれたのだとか。ますますマニアックなチョコが楽しくなる予感。

2016年2月 7日 (日)

亀甲竹

160207
だいぶ前になりますが、初めて見ました! 亀甲竹のはえているところ。
竹の節がくにくにと曲がっていて、亀甲紋みたいだから、だと思うのですが(→竹平)、亀甲竹という名前の竹です。
花入れなどに加工されたものはたくさんありますね。竹自体が主張のあるデザインなので、一度見るとインパクト大!11
でも、生ではえている状況って見たことがなくて、わぁ~??!!って感じでした。
紋様以外は普通の竹とそう変わらない見た目でした。当たり前ですが、亀甲竹がはえているところは何本もはえていて、ちょっとしたオブジェの森~! 
この亀甲竹は孟宗竹の突然変異らしいので、ひょっとして筍もこんなゆがみゆがみした筍??なんでしょうか……?? 見たい~!ですね。

2016年2月 1日 (月)

甚五右衛門芋

160201

藤沢かぶ(→ブログ前出)と同様、山形のお芋さん。といってもすごく特別、一子相伝といわれている里芋(→森の家)です。
以前もブログにアップしました(→2012/12/23)が、またゲットできてうれしい~!
形からしてちょっとえび芋っぽい形で、これは普通じゃない里芋だぞぅという感じなのですが、えび芋のちび芋よりはしましま模様は薄め。
なんといっても煮てみるとその粘り気にびっくりです。煮汁に溶け出るねばねば成分も普通の里芋よりだいぶん多い気がしますが、煮上がったお芋さん自体のネットリねばっとした身質も、普通の里芋の数倍!といった感じ。
えび芋のひとつひとつの細胞が細かくてふわっとした溶けるような感じとも全く違って、全体がねっとりクリーミーな感じの身質です。
大野芋(→2009/11/20)もおいしいお芋で、また出会いたいお芋さんですが、甚五右衛門芋もホント、見つけたらぜひゲットしたいお芋さんです。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411