フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月22日 (土)

佐々成政のど飴

141122
なんだか恐れ多いようなお名前ののど飴です。
ちょうど、大河ドラマでも登場したんじゃなかったでしょうか。信長の重臣だった佐々成政ですが、この飴ちゃん、成政自身が考案したとか、使っていた、とかいう話ではないようです。残念! 戦国時代、富山城の城主であった成政の家臣の子孫が富山の薬売り商人として全国に出かけ、その折にこののど飴も売られたものなのだとか。
なんともネーミングセンスがあるではありませんか!

売っていた飴屋さん的には、麦芽水あめがおすすめだったようなのですが、なんといってもこのネーミングにやられてしまいましたもの。薬草臭いですよ、と言われましたが、なんのなんの、のど飴としては某大手漢方系のど飴よりマイルドなくらい。
甘草やアセンヤク、シャゼンソウ、かりんが入っているそうで、しょうががしっかりきいています。麦芽水あめの飴なので、ねちっとちょっとやわらかい感じも普通ののど飴と違っていて、かなりお気に入り。

2014年11月12日 (水)

お教室便り

141112_1

すっかり秋も深まり、朝晩の気温が気になるようになりました。今月もお教室が終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

先月、フランスのお土産メニューと思っていたら、台風で流れてしまったので、今月はひと月おくれでフランスお土産をふんだんに使って。
面白いスパイスや塩もゲットしてきましたから、それらもちりばめてみました。上の写真はpoivreと書かれていましたが、全くこしょうとは異なるものたち。大きいほうはchiloeといって、南米ペルーやパタゴニアあたりの古いタイプのスパイスだそうです。多分唐辛子の一派。といってもすごく切れのいい、シャープな辛みが後から追いかけてくる感じの、普通の唐辛子とはまた全然違うスパイスです。小さい黒いほうは山椒の親戚。実の形も辛みの質も山椒っぽいのですが、しびれ感はもっとソフトでやわらかい華やかな香りを持っています。こちらはネパールのもの。

そして下の写真はカラフル塩。フランボワーズとかカシスとか、もっと派手な色めのものもあったのですが、味見させてもらったところ、色だけ!感が強くて、ちゃんと味も違っている子たちを選んでみました。黒いのはハワイの火山灰の塩、赤いのはトマトとバジル、緑のはオリーブです。いずれもトッピングが楽しい~!という塩たち。お皿が一味オシャレになりますね。

141112_2

お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回は
恒例の年末スペシャル!講座ですが、贅沢の会の曜日を変更させていただきますのでご注意くださいませ。
贅沢の会が12/7(日)、
旬菜の会が12/8(月)の開講になります。皆さまのご参加お待ちしております。
(お申込方法は→こちらから。)

2014年11月 8日 (土)

ノルマンディのお土産 その4 アンドゥイユ

141108

マニアックお土産のしめはこれ!アンドゥイユです。
フランス大好きな方にはおなじみですが、簡単に言えば燻製にした内臓のソーセージ、でしょうか。
わたしもアンドゥイユとアンドゥイエットの違いって大きさ以外あまりにもいろんなタイプがあって、わかったような?わからないような??なのですが、いずれも内蔵の腸詰で、土地土地のいろいろな形があるようです。詰め物の種類や内容もいろいろ。といってもいわゆる、ホルモン類が詰まっている、というのがなんとなくの理解……。
たいてい、かなりにおいがきつかったり癖が強かったりで、好き嫌いの分かれるところですが、ノルマンディのカルヴァドス県あたりを発祥とするVireタイプをゲットしてきました。このまま切って食べるのが普通らしいですが、ちょっと焼いてもおいしい!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411