フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月25日 (日)

暮らし上手web

140525_2

26日から枻出版さんのHP「暮らし上手」に今日の晩ごはんのテーマで一週間のレシピが掲載になります。すっごく簡単&野菜いっぱいのレシピ尽くしです。調理時間を書いてみたら、みんな10分とかそんな感じ。
きっとお忙しいときにお役にたつと思います。ぜひご覧になってください!

2014年5月21日 (水)

かぼちゃの種オイル

140521
オーストリアのお土産に頂きました。日本ではパンプキンシードオイルとして健康食品のように扱われていたりするようですが、オーストリア名物(→オーストリア政府観光局)だそうで、結構サラダなど普通に使われているのだとか。
あけてみるとごま油に近いようなナッツっぽい香り。確かに種子系のオイルだなぁという香りです。そして色がびっくり、濃い濃い抹茶色。茶色の濃いごま油に抹茶を溶いたような、薄くのばすと、あぁ、緑だ、と思うような感じです。考えてみれば、確かにおつまみで食べるかぼちゃの種って、緑色ですものね。あの色のオイルなんだ!と納得。なぜか、おつまみでたくさんかぼちゃの種を食べる中国には、この種のオイルは見かけないんだとか。
お味は香りのごま油っぽい感じと同様、濃い風味ですが、ごま油よりもちょっとさわやか系の風味もあって、後口がかなり軽め。
クルミやノワゼットのオイルよりは濃い感じですが、楽しんで使えそうです。
Y先生!ありがとうございました!!!

2014年5月15日 (木)

餢飳

140515

 

餢飳=ぶと、と読みます。
もっとも古いお菓子、と言われている、中国から伝わった唐菓子(からくだもの)の一つ、として残っているもの。今でも、神社の御神饌として作り続けられているそうですが、一般人が口にする機会は無し!今月の葵祭の御神饌として展示されていたりもするので、ちょっと思い出して買ってみました。
平安時代には市でも売られていた、といいますから、その後おいしい甘みがいろいろ生まれていく中で姿を消したもの、と言えるのかもしれません。でも、京都のお菓子屋さんや奈良のお菓子屋さんでは、それらを作り続けていたり、今風に作り変えて売っておられたり、というお店があります。これもそのひとつ。京都の亀屋清永さんのものですが、昔は売っていなかったかも?という気がします。なにしろ、すっかり有名な清浄歓喜団も昔は月に2日、本店じゃなきゃ買えなかったはずなので……。
こちらの餢飳は、歓喜団のようなスパイスの香りはなく、中も粒あん。ちょっと食べやすいかもしれません。
外側はカリカリというよりはバリバリというくらいの固いごま油で揚げた皮。春巻きの皮を15倍くらい厚くした感じ、というと伝わりやすいかも。
御神饌の餢飳は、写真などで見る感じだといずれの神社のものももっと色も薄く、ふわっとした感じです。春日大社さんのものは中に何も入っていないのだとか。一度いただいてみたいものです

2014年5月11日 (日)

教室便り

140511

例年のような真夏!な日がなかなか続きません。今月のお教室、無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
ほぼ、恒例となりつつある、山菜たっぷりのお献立、お楽しみいただけたでしょうか?
最後かなぁ?と思えるふきのとうから、盛りのたらの芽、こしあぶら、はりぎり、ぼんなやあいこ、しどけなど、山の香りをいっぱい味わっていただきました。
こごみや花わさび、山うども、山のものはさすがに香りが鮮烈!! 栽培ものとは一味どころか、ふた味、三味違う気がしますね。
ほろ苦かったり、青臭かったりの山のものをいただくと、体の芯がしゃきっとする気がします。それぞれの香りの違いもくっきり味わえます。
来月はいよいよ夏のかかり、お楽しみに~!

お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回は
贅沢の会が6/14(土)、旬菜の会が6/16(月)で第2週の開講になります。皆さまのご参加お待ちしております。
(お申込方法は→こちらから。)

2014年5月 2日 (金)

極太ホワイトアスパラ

140502
去年もご紹介した極太のホワイトアスパラです。今年はさらにおデブちゃんをゲット!! なんと!2本で300gです。例によって某百貨店のフランス展でゲットしたのですが、3本ひとくくりとかで売られていたのに、なぜかこの子たちはバラで箱の底に転がっていた……。というわけで目ざとい久保の手に落ちたわけ。
すぐにゆでなきゃ! という気持ちになって、なんだか筍みたい、と……。季節も同じくらいだし、野菜なのにメインを張れるし、ゲットしたら何はなくともまずゆでる、とまぁいろいろ似ていますねぇ。この時期食べなきゃ!な気分にさせられるところも。
あまりにおデブすぎるので、皮は厚めにむかないとダメそうです~。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411