フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

巨大しいたけ

130225
以前にも、ジャンボしいたけネタを書いたことがありますが(→原木栽培椎茸)、それを上回る、超巨大なのを見つけてしまいました。
横に写っているのは爪楊枝ですから、大きさのほどはわかっていただけるでしょうか。
だいたい直径11~12cm。なにしろ、野菜売り場のトレー1個にしいたけ1個、という感じですからもう目立つ、目立つ。お値段もなかなかいいお値段でした~。
以前、ジャンボしいたけのお話を書いた後、原木栽培だけじゃなく、菌床栽培のものもジャンボなこがいっぱい出回ってきましたが、それでもここまでの大きさははじめて見ました~。しいたけステーキ好きとしては実に幸せです。
なんでも、原木栽培の場合、雨が続くと予想外に巨大化したりするのだとか。それはそれでこうして特別なしいたけとして特別価格がつくのなら、雨も歓迎!ですね。

2013年2月19日 (火)

ホンビノス貝

130219_2
真っ白で蛤大の貝。「ホンビノス」とカタカナ書きなのが、????と思って買ってみました。
ちょっと調べてみたら(→マルハニチロお魚ギャラリー)かなり古くから日本に住み着いて大繁殖&販売されている、外来種の貝なのでした~。
千葉辺りに潮干狩りに行くといっぱいとれるらしい、とも。いやいや、初見だなんて、お恥ずかしい~。売っていたのは殻が真っ白でしたが、泥地で取れるのはもっと黒っぽい色をしている様子。たわしでこするとこんな風に真っ白になるんだとか。
アメリカ東海岸が原産で、あの、クラムチャウダーはこの貝で作るのが本来なんだそうです。あちらでは、生でも食べるんだとか。そういえば、去年行ったプーリアでもこんな風な貝の生、出ましたね。
売り場のお兄さんいわく、蛤とあさりの中間みたいな味で、蛤よりちょっと味は薄いかな、と。さっそく酒蒸しなどにして味見、味見~!!!

2013年2月12日 (火)

かゆり柿

130212
すっかり人気者のドライフルーツですが、これはお初!でした。
富有柿のドライです。イヤ、柿のドライフルーツって和の伝統食、干し柿ですが、これはちょっと違ってます。この形! まんま柿をスライスしました~って言うビジュアルがかわいいですよね。柿って、ヨーロッパでも「KAKI」って売っていたりしますが、すごく昔に柿って甘いだけで香りが薄いので、フランス人には受けない、っていう話を小耳に挟んだことがあります。が、最近は健康にいいということでイギリスなどでも大人気とか。
でね、この薄切りドライを食べて、確信しましたよ。柿って香りが薄いってうそぉ。もう一口食べたときから、柿の香りとあの独特のぬめりのある身質感が押し寄せてきます。干し柿のねっとりとした熟柿の甘さとは違って、もっと硬質な甘さ。きっと富有柿のしっかりした身の甘さ、ですね。この甘さ加減、ちょっとしっとりした身の固さは、ハードチーズとかのお供にとってもあいそう。
かゆり柿っておもしろいネーミングだなぁと思っていたら、なんと「嘉百合園」という施設で製造しているのだそうです(→岐阜ポートフォリオ)。傷になって青果物として流通に乗らない富有柿をこんな形で商品化ってとっても素敵。農家さんも、障害者の方も、消費者も三方一両得、な感じですものね。

2013年2月 4日 (月)

お教室便り

130204

日替わりで暖かくなったり寒くなったり……。
そんな中、2月のお教室が終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今月は、ちょっとあまり普通のお魚屋さんではお目にかからない、そい、という魚を使いました。めばるやかさごに近いお魚で、そいにもいろいろな色のものがあるようですが、今回使ったのは黒そい。くせのない白身の魚で、めばるやかさご同様、ゼラチン質が豊富で煮つけがおいしいように思います。お一人1尾をさばいていただいて、さまざまに。
そのほかにも牡蠣をあけていただいたり、節分にちなんで大豆を使ったりしてお献立にいたしました。冬真っ盛りのいろいろ、お楽しみいただけたでしょうか。
来月はぐっと春めいた素材が登場しそうです。お楽しみに~。

お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回3月は2(土)4(月)に開講予定です。お申し込みお待ちしております。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411