フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月26日 (金)

ひごむらさき

121026


今年は変わりなすネタが少なめ?だった当ブログですが、最後に来て超特大なすをゲット(写真右側は普通のなすです)。
以前ブログでも取り上げた「たまげなす」(→2009/7/16)によく似ていますが、もう少し先がとんがっていて首が細め、でしょうか。「ひごむらさき」(→ひごむらさき)という、熊本の地場野菜の赤なすを改良した新品種だそう。
切ってかじってみて、あらまぁこれってサラダ茄子によく似ている、と思うくらい、あくがなくて甘みがあります。生でいただくの大のおすすめ。お教室でもなすで千枚漬けみたいに漬けてみました。大きいから、ちょっとおもしろい仕上がりになります。
同じアクがないというのでも水なすみたいな身質とはぜんぜん違って、もっと空洞がある、というかふわっとした身なのです。だからでしょうね、火を通すと、以前のたまげなすのブログをコピーしたくなるくらい、とろっとした感じ。そのときも書きましたけど、形はどうあれ、やっぱり西日本のなすは長なす系の身質な気がしますね。

2012年10月22日 (月)

毛豆

121022
青森の立派な毛豆をいただきました。
黄金の毛がびっしり生えているから毛豆、というんだそうです。青森の地元で消費されるだけぐらいの本当に地場の枝豆らしいのですが(→毛豆ドットコム)、ちょうど普通の枝豆が終わって、黒豆の枝豆が始まる間、くらいの時期が旬みたいなので、枝豆の季節が移っていく感じがしていいかも。
ゆでて取り出した中身は黒豆の枝豆みたいに特徴がある、というわけではありませんが、味はかなり違います。茶豆みたいに香りが違うわけではないのですが、ぽっくりとしていて、甘みの質が紛質っぽいって、書いていてこれじゃわかんないだろうって一人突っ込みしたくなる感じですが、ほんとそんな雰囲気なんです。いってみれば、普通の天狗枝豆みたいなタイプがメークインとすると、北あかりっぽいというのでしょうか。身質はしっかり硬めなんだけど、ポクッとしていて甘い感じなんです。
ちなみに、たまたまこれをいただいた直後に、スーパーで山形の毛豆、というのを発見したのですが、全然毛が密生していなくて、これはまた違う種類なのかも?でした。

2012年10月15日 (月)

お教室便り

121015
いつまでも暑かった今年の秋も、一気にぐっと秋が深まったようです。
今月のお教室も終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
例年のことながら、秋には一回はきのこ~!!!をお取り寄せ。
毎年、日にちと気候のせいでちょっとずつ違うきのこを召し上がっていただいています。今年もたくさんのきのこがやってきました。何度かいただいたなぁというものがあったり、今年初めてのものがあったりですが、どれも本当にいいだしが出るものばかり。
舞茸やしめじのようにしょっちゅう栽培ものを使っているきのこは、天然のものの身質や香りの強さに別のきのこのような気がします。種類別にいろいろに使い分けて料理しましたが、お楽しみいただけたでしょうか?

お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回11月は第2週の11/10(土)12(月)に開講予定です。お申し込みお待ちしております。

2012年10月13日 (土)

ひしの南蛮

121013

これもまた、夏の思い出。
暑いさなかに見つけたちょっと変わった唐辛子です。唐辛子といっても、いわゆる辛いものではなく、伏見唐辛子とかと同じ甘唐辛子。ピーマンよりもずっと肉薄で、ふにゃっとしています。種ごと食べるらしかったのですが、なんとなく、先祖帰りの辛い子がいたらどうしよう、と思って種を取ってみたりしましたが、種つきでボリュームを出したほうがおいしい感じでした。
ピーマンに似たちょっと青臭く、苦い風味がありますが、夏にはかえってそれがおいしい気がする風味。こってり味噌炒めとか、じゃこと辛煮にしたりしてみたのですが、どれもそのほろ苦い感じがぴったり。ピーマンやししとうより、しなっとしたやわらかい身質なので、青椒肉絲なんかに使うときも、薄切り肉とでも相性がすごくよさそうです。
また来年も登場してくれると楽しいけどなぁ、と期待をこめて。

2012年10月10日 (水)

ランパッショーネ

121010
いよいよプーリアお土産も底をついてきました。
生にお目にかかれなかったのがとっても残念なのですが、ムスカリの根っこ。
これはプーリアで生を焼いたりして食べる、という情報があったので、ぜひぜひ食べてみたかったもの。実は最終日のBariの高級食材屋さんのお惣菜にあったのが、ランパッショーネのマリネではないか?と思うのですが、お店の人はオニオン!といっていたので、ちょっと違っていたのかも??
でも、この瓶詰めとそっくりだったんですけどね。
瓶詰めのこのランパッショーネもお教室のお土産メニューでお味見していただきましたが、小玉ねぎよりはエシャロットに近く、小ぶりでおつまみにぴーったりの感じでした。プーリア風炭火焼きとかもあいそうなもの。
ムスカリなら庭に植えられるけど、日本でうっているムスカリも食べられるんでしょうか??? どなたかご存知でしたらぜひ教えてください!!!

2012年10月 2日 (火)

ロングスパゲッティ

121002
これまた数少ないプーリア事前収集ネタから、買えたらいいなぁと思っていた、長ロング、極太パスタ。スパゲットォーニです。なんでも、後家さんが折るパスタ、というのだとか?! どういう意味なのかいまひとつ理解できていませんが…。

この、青いラベルを目指していろいろな食品店を見たのですが、やっと見つけたのはプーリアでも南の都市、Lecce。確かにこのブランドはLecce近くのブランドらしいので、とってもローカルなブランドだったのかも?
いっとき日本にも入っていた、とかでイタリアンのシェフからもおすすめだったので、買えてよかったぁ。オレキエッテを買ったパスタ屋さんにもロングパスタはあったのですが、このサイズは見なかった……はず。

ゆで時間は表示によれは15~16分ということですが、なんのなんの、20分ぐらいはかかる感じ。しかも伸びない!
ちょっとバタバタとソースに投入して5分くらい放置してしまったのですが、全然大丈夫&しっかりアルデンテを保持、という感じ。もちもちとした粉のおいしさが感じられる極太パスタ、パスタランチとかにはとってもいい気がします。
一般に太目のパスタには濃い目のソース、といわれますが、ここまで太いパスタはソースの濃さでいただく、というよりはやっぱり粉自体の味を楽しむ感が強くて、トマトとオレガノだけのソースでもとってもおいしい。まぁ、夏だから、というのもありますけど。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411