フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« チンギアーレのフィオッコ | トップページ | ロングスパゲッティ »

2012年9月25日 (火)

アルタムーラのパン

120925_1

まだまだ続くよぉ~プーリア語り。
というわけで、予告していた(→2012/4/25)アルタムーラまで、パンを買いに行ってきました。
プーリアの州都、Bariから冷房無しのとってもローカルな電車でマテーラ方向へ向かい、マテーラの手前にある町がアルタムーラ。そこそこな大きさの町、と思っていたにもかかわらず、降りた駅は本当に小さくて、周りにもなんにも無し!! 
困ったのは地図です。町の詳細地図をゲットするインフォメーションも見当たらず、駅舎に張ってある地図が唯一の便り。が、なんだかどう見ても地図と目の前の風景があわない!! と思ったら、裏側でした。駅の入り口が町のあるほうと反対側にある、ということだったのです。

いやぁ、ここまでですでに10分とかかかっていて、炎天下をどうやってあっち側に行くの?というところから、うろうろしていたら、なんと町まで車に乗せて行ってあげる!という親切なマダムに遭遇。どうもお友達のお迎えにいらしていたらしく、お友達到着で軽自動車サイズの車の後部座席に私たち4人が乗る、というスタイル!!??で送っていただきました。もうもう本当に大感謝!!でした。なにしろ、ハイ、37度でしたからね。
お目当ての、14世紀からの石釜を使っているというパン屋さんのすぐ近くでおろしていただき、目指すパン屋さんへ。

お店の前のちょっとした空きスペースにかわいいチェックのクロスがかかったテーブルがあり、そこに目指すパンの特大版がどーーーんと置かれていました。聞けば3キロバージョン。さすがにこのサイズは無理~!ともっと小さいのはないの??と聞いてみたら、これから焼くから1時間ぐらいDuomo見学してこい!とのこと。
仰せの通りに教会を見て、思いがけずエレガントなお店が多い街中のカフェでお茶をして、パードレペペなる由緒ありげな胡桃の特産リキュールもお味見。

120925_2
戻ったら、焼きあがってました。1キロバージョン。外側がカリカリに焼かれているので、日持ちがするということだったので、それぞれまるまる1個ゲット。でもまだまだアチチ、なんですよぉ。ビニール袋に入れちゃだめよ!といわれてみんな紙袋に包まれたアチチの1キロパンを抱えて炎天下、今度は送ってくれる人もいなくて歩いて駅まで。なかなか記憶に残るパン購入旅です。

そして、持って帰ってきましたよ。もちろん。お教室でも召し上がっていただきましたが、かなり特徴的なパンです。セモリナ粉で作られるのはお決まりなので、中身はかなり黄色いです。そして塩がかなり入っていて、中はもっちもち。外の濃く焼けた皮はぱりぱりでちょっとお煎餅っぽい感じ。このパンだけで、赤ワインがいただけそう!なしっかりした風味があるパンなんです。
ちょっと日本の気候だと、ここまで塩味が強いのは難しい感じがしますが、あのカラッカラのプーリアではこれもありかなぁって思いました。いやな塩味じゃなく、粉の風味がとってもおいしいので、おつまみ感覚で食べちゃいそうでした。

120925_3

« チンギアーレのフィオッコ | トップページ | ロングスパゲッティ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チンギアーレのフィオッコ | トップページ | ロングスパゲッティ »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411