フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月24日 (金)

カポコッロ

120824
プーリアお土産話、肉編です。
最初に訪れた、マルティーナフランカという町は内陸よりで、プーリアで有名なハムやサラミの町。特にプーリアでぜひ!といわれるのが、カポコッロ。見た目、コッパと同じような感じに見えますし、首肉のハム、と聞いていたので、ほとんど同じなのかなぁと思っていました。が、サラミ屋さんで身振り手振りの会話?!の結果、どうも肩の上あたり、サラミ屋さんのイケメン親父さんが自分の体を示して説明してくれた感じだと、肩甲骨の上部、というのでしょうか、そのあたりの肉を使うようです。
買ってきたものをいただいた感じだと、コッパとよくよく似ているけれど、もう少し脂肪分を感じるというか、しっとりしているような気がしました。まぁ、何十種類も食べたわけじゃないので、一概には言えないとは思うのですが……。

マルティーナフランカではもうひとつ、旅友の間で「焼肉ナイト」と符丁をつけられたご飯を堪能! お肉の町、なので昼間はお肉屋さん、というお店が、夜になると店先に椅子やテーブルを並べて、炭火焼のお店になるのです。お肉屋さんのまま、注文はショーケースのお肉を指差し、ほかにあるメニューはじゃがいもの炭火焼きとレタスばっかりのサラダ! 
でもこれがなんとも楽しくて……。しかもじゃがいもの炭火焼きがまた絶品でありました。じゃがいもが違うのですね。そうそう、このお肉屋さんメニューに、bombettaというパン粉のまぶされたものが。肉団子なのかなぁと思いきや、薄切りの肉にたぶん内臓か何かをペースト状にしたものを薄く塗りつけ、くるくると巻いて細かいパン粉をまぶしたもの。これも炭火焼きにしてくれます。まさにわれわれが薄切り肉でボリュームおかず~とか言うときにやるようなメニューですが、かたまりでうるのが当たり前なヨーロッパでは、薄切りもお肉屋さんのテクニックのひとつよねぇ~と盛り上がったのでした。

120824_2

2012年8月16日 (木)

カッチョカバッロ

128016
続けてプーリアチーズ話。
同じチーズ屋さんで、やはりプーリアの特産といわれるカッチョカバッロをゲット。これが、いつもよく見るひょうたん形のほかに、ただの丸(フランスパンのブールみたいな形)があるのです。これもカッチョカバッロ?と思いつつ、どう違うのか聞いてみれば、丸いほうがドルチェ、つまり塩気が甘いということ。もちろん、同行全員、こちらのドルチェタイプをゲット。さすがに丸1個は持って帰ると、後のお買い物に響くので、半分にしましたが、真空パックにしてもらって日本まで。
もともと、カッチョカバッロの焼いたのが大好きなので、帰ってさっそく焼きましたとも!!やはりおいしい~!! ドルチェを買ったのが功を奏し、塩気が強くないので、かなり大きくきっても食べきれる感じです。そしてなにより、このカッチョカバッロはそのまま食べてもとってもおいしいのです。ドルチェだったせいか、端の皮の部分もあまり固くなく、そのまま食べきれます。熱々焼いたのに加えて、切っただけも堪能です!!

2012年8月 8日 (水)

カチョリコッタ

120808
プーリア話第3弾です~!
プーリアはチーズも独特のものがあります。なので、事前にチーズ屋さんの工房をたずねることにしていました。プーリアに行く前に一番惹かれていたのは、ブッラータ、というチーズ。モッツァレラの中に生クリームが入っている…というなんとも魅力的なチーズです。日本にもたまぁに入っていて、もちろん、それも予習?!したのですが、やっぱりこのタイプは現地で食べなくっちゃ!と思っていたわけ。念願のチーズ屋さんでは伝統の木桶でモッツァレラを作るところから、モッツァレラと生クリームの混ぜたものを包むところまでじっくり見せていただきました~。ホテルでお昼にいただくべく、購入したのはよかったのですが、そのまま市場に行ってしまったのが失敗! なにしろ、35℃超えですから、温まってしまったようで、ちょっと残念なお味に。そのあと、レストランでいただいたのが抜群においしかったのでした~。

そのほかにもリコッタチーズがどこでいただくのもとってもおいしい!! かなり濃厚で濃い感じのリコッタです。さらにジュンカータというもっとフロマージュ・フレっぽい、でもしっかり形になっていて、切れるぐらいのものが甘みがあって、まさに乳そのものがおいしいのねぇという感じでした。

そして、お土産に楽しみに買って帰ってきたのが、カチョリコッタ。見た目こんな白くてやわらかそうですが、これがプーリアでのパルメザンの代わり。パルメザンの濃い旨みというよりは、もう少しやわらかい塩味と旨み、風味のチーズで固さもだいぶやわらかめ。カリカリおろすのも楽です。サラダなどにもかなりたくさん使われていて、カチョリコッタ自体がやわらかいので葉っぱともうまくなじむ感じ。もちろん、お教室でもサラダに使ってみました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411