フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月28日 (土)

ロデジャーノチーズ

120428

イタリア展でゲットしたもの第2弾!
テット・ド・モワンヌを削るみたいに、刃を回転させながらふわふわと削ったものを売っていたのですが、本体はパルメザンみたいな大きな円盤形のチーズ。削るのもなかなかの迫力でしたよ~。
ミラノからパルマ方向へちょっと外れた郊外のLodiの特産チーズだとか。なんでも4軒しか作っている農家がない、という貴重品だそうです。しかもこのチーズ、パルメザンの元のスタイルという説もあるよう。確かにそのまま食べても、溶けてもおいしくて、同じような使い方ができる感じですが、もっとふわっと優しいお味。
パルミジャーノ・レッジャーノのアミノ酸の塊~!みたいなガツンとした風味というよりはもっとおだやかで華やか、女性的なお味な気がしました。こんな風にふわふわに削ってあると、余計そう感じるのかもしれませんけれど…。今度買うときはごろんとかたまりも買ってみよう~!

2012年4月25日 (水)

アルタムーラのパン

120425
この夏、イタリアのかかと、プーリアに行こう!と企画中なのですが、そんな折、某百貨店のイタリア展でプーリアのD.O.P(原産地統制名称)を持つパン、アルタムーラのパンを百貨店のパン屋さんが作っている、というので、早速ゲットしてきました。
予習、予習、ですよ。セモリナ粉と天然酵母で作る石釜焼きのパン、というものなので、メイドイン東京も、黄色っぽいですねぇ。写真じゃちょっとわかりにくいでしょうか。写真撮っていて思い出しました。そうそう、だいぶ前に別のお店でやっぱりイタリアフェアでこのパンを出していたな、と。そしてお教室で使ったな、ということを。
本場ものはとっても日持ちするパン、ということなので、買って帰れるのか???と思っているのですが、さて、どうでしょう。

2012年4月20日 (金)

カルダババナナ

120420
なんだかバナナフェアをやっていて、珍しくグリーンバナナがいっぱいだったので、こんなコロンとかわいいのを買ってみました。
フィリピンでは調理用バナナとしてメジャーな品種だそうです。果物大手のDoleさんが手がけていた(今も??)こともあるらしく、いろいろなスーパーで実は出回っていたようです。
いつものバナナみたいにむこう!としても、へたが折れないくらい固いので、まずは切り込みを入れてむいてみたのですが、生でむくと手が大変!! やに、まさに松脂みたいな粘々が手について、取れないこと!! 手を洗おうと触ってしまったカランが大変なことになりました(苦笑)
なので、次は丸ごと蒸してから。これは簡単にむけて手もべたべたにならず、よかったです!! 肝心の中身は、調理用バナナなので、甘くありません、もちろん。身質もしっかりしていて、バナナの繊維っぽい感じのまんま、さつまいもぐらいの固さにしたって感じでしょうか。バナナのかすかな香りをまとった、ぽくぽくの里芋、みたいな感じです。
日本の豊かな食材の中にあっては、これでなければならない料理ってかえって難しい気がしますが、くせもないので、お芋系のお料理なら、たいていなんでも使えます。

2012年4月15日 (日)

レモネード?

120415

レモンじゃないんです。
レモネード、ととりあえずの名前がついているという、レモンの枝変わり品種。レモンよりずっとコロンとしていて、ちょっとオレンジっぽい。そして何より、すっぱいんだけど甘いんです。オレンジいろがかっているところはメイヤーレモン(→Blog 2011/4/2)っぽいのですが、メイヤーレモンほどはオレンジ色っぽくなく、メイヤーレモンみたいに大きくありません。
大きさとしては本当にいつものレモンをきゅっと押しつぶした感じ。メイヤーレモンのときにも書きましたが、瀬戸内のお友達のおうちからいただいたオレンジ色っぽいレモンってまさにこんな感じの見た目でした。でもでも、これはもっと甘いのが特徴。食べる柑橘として充分OKな甘さなんです。文旦みたいな、すっぱいけど甘い、という感じです。皮も薄くて、ぶつぶつちぎれるけれど手でむけるので、ちょっと暖かくなってきた今頃にぴったり! そしてこの酸味の強さは加工するとおいしそうです。

2012年4月 9日 (月)

お教室便り

120409_1
北海道並に一気に開いた桜日和に今月のお教室が終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今月は筍~!と勇んで京都にお電話を入れたら、「まだ昨日からでっせ。当分ちっさいのしかないし……」と。来月のほうがいい?と聞けばもちろん、その時期のほうが大きいのがあるしとのお達しにより、筍は来月に回しました。
今月はそのほかの春の素材で。生のほたるいかは旬菜チームも贅沢チームも和え物にして、わたのうまみを存分に味わっていただきました。それぞれ違う、使い方ですけどね。
花冷えの一日だったので、旬菜チームは体の芯から温まっていただけるメニューに。贅沢チームは鯛をお一人一尾おろしていただいて、鯛尽くしでした。
来月こそ、筍です! お楽しみに~!!

120409_2

お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回はGWが入りますので、第2週の5/12(土)14(月)に開講予定です。
尚、筍を京都から取り寄せる都合上、5/6(日)をお申込〆切とさせて頂きます。早めのお申込をお願い申し上げます。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411