フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

白い長なす

120331

このブログでも、夏になるとやたら珍なすが登場しますが、この時期に変わったなす、というのはかなり珍しいですよねぇ。見ての通り、白くて細くて長~いなす。直径は2㎝ぐらいでしょうか?きゅうりより細いかも、と言うくらいの細長さです。シールには「白長なす」としかなかったのですが、調べてみたら「味しらかわ」という品種(→種のツル新)らしいです。

単純なので、白いなすソテーとかイメージしてしまったのですが、そうはいきません。火が通ると皮はやっぱり茶色くなるので、白い皮を生かして調理、というのは生じゃないと無理そう。まだこの時期だからか、皮はちょっと硬めです。身はつまっているけれどとろっとやわらかくて、やっぱり長なすの仲間なのかしら?と思ったり。焼きなすがおいしそうなので、白い皮はあきらめて、この細長さを生かす、というのもおもしろいかも~と思っているのですが、ハテ?夏にも登場してくれるでしょうか?

2012年3月27日 (火)

赤根のほうれん草

120327
実家に帰った折、真っ赤な太い根のほうれん草がやたら甘くておいしくて、ああ、やっぱりほうれん草の根っこっておいしいよねぇと思っていたら、山形の赤根のほうれん草を見つけました!! 赤根っておいしいですよねぇ。
以前の拙著『始末の料理』にも登場させてしまいましたが、赤根の太いのを選んでお茶事の八寸にも使うくらい、ほうれん草の中でもおいしい部分だと思うのですが、東京では赤根の根つきって、かなり、珍しいので本当に残念!! この赤い根っこのほうれん草は、日本種の血の濃い品種なので、葉っぱの切り込みも深くて葉っぱも肉厚なものが多い気がします。

写真の山形産はちょっと赤みが薄くてひげ根が多いし、葉っぱはすご~く長い、というか大きいので、私の中の「赤根のほうれん草」というイメージとはちょっと違ったのですが、貴重品です、すかさずかごに入れました。早速ゆでたのですが、やっぱりちょっと感じが違います。根っこがもっとしっかりしている、と言うんでしょうか、菊芋とかそんな感じに近い食感で、甘いというより旨味が濃い感じ。ほうれん草自体が大きいせいもあるのかもしれませんね。もっといつでも赤根のほうれん草が買えるといいのですが…。赤根ほうれん草の復活大希望!です。

2012年3月22日 (木)

焼きあずき

120322
京都で京都展に行って(笑)見つけたお菓子。
ネーミングにまず、??と思って手にとってみたら、こしあんを作る際に出る、あずきの皮を入れたさくさくのクッキーなんですって。和菓子屋さんのお菓子ですが、洋菓子のテクニックの一品。
それにしても、これは目からうろこ!ですよねぇ。確かに漉し餡を作るときって、たくさん小豆の皮が出ますが、これを再利用しようとは!! すばらしい!! 小豆の香りというほどのものはありませんが、皮だからといって全然気にならないし、むしろ全粒粉に似たざっくりとした食感が楽しいです。風味としては回りの和三盆がきいていて、お茶にもコーヒーにも合いますね。

2012年3月17日 (土)

まぐろの魚醤油

120317
境港で開発されたという(→島根県産業技術センター食品開発研究所)まぐろの魚醤油をいただきました。
それにしても、知りませんでした~。日本海側の境港が天然本まぐろの水揚げ量が和歌山の勝浦港や塩釜港と競う日本一のフラッグ持ちだなんて!! もっぱら、北海道というか津軽海峡のブランドまぐろが注目の的なので、量も東北あたりが多いのかと思っていたら、全然違いましたね。
それだけの漁獲があると、廃棄される内臓の量も半端じゃないですものね。こうした副製品の開発にも熱が入るのも納得です。
普通の魚醤、たとえばしょっつるとかナンプラーとかニョクマムなどは基本的に魚と塩で漬け込んで熟成させるだけなのですが、こちらのまぐろの魚醤油は麹も入っているそうです。麹入りのほうが風味がマイルドでくせがないのだとか。そのせいでしょうか。ナンプラーを期待して味見すると、ん?醤油っぽい?と思います。ちょうどナンプラーやしょっつると醤油を足して2で割ったような感じ。なので、何に使っても違和感なくいただけそう。
その代わり、ナンプラーやニョクマムの代わりと思うとちょっと物足りないかな。まぐろと塩だけの魚醤もバリエーションとして作ってほしいなぁ、と思ってしまいました。

2012年3月12日 (月)

おろち大根

120312
先日のお教室で使わせていただいた、おろち大根です! 出雲の名産で辛味大根の一種だとか(→島根大学)。品種名スサノオ! これもびっくりです。
ひげ根の多い感じがヤマタノオロチなのでしょうね~。長野などの短い長大根形の辛味大根よりは水分が少なく、おろしても黄色っぽい感じです。京都で暮れにいつも年越しそばのお供に使っていた、まん丸の辛味大根に近い感じがしました。おそばにはこの水分の少ない感じがそばだしが薄まらずにいいのですよねぇ。さすが、おそばも名産の出雲の品!らしいです。

2012年3月 6日 (火)

お教室便り

120306

おひな祭り当日&週明けに今月のお教室が終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
おひな祭り当日にお教室、というのが始めて!だったりしたので、なんとなくベタにお雛様気分満載のお献立にしてしまいました。なので、旬菜チームも今回は和のお献立で。
旬の白魚を使ったお椀や、鱒、白酒、出始めの山菜などを盛り込んでお献立としました。最後のお菓子もひな祭り仕様。皆様にお気に召していただいたようでしたね。
来月は京都の白子筍が登場できることを期待しつつ。

お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回は4/7(土)9(月)に開講予定です。お申し込みお待ちしております。

2012年3月 4日 (日)

「はなまるマーケット出演」のお知らせ

3月6日(火曜日)8:30からTBS系でオンエアされる「はなまるマーケット」に出演します。

テーマは「うどんスープの素」。
通常の和風の使い方は、発祥の地関西で収録されるとのことで、もっぱら洋風やら中華風やらの変化球の使い方をご紹介させていただきました。

いやぁ、初めて使わせていただいたのですが、薄口タイプの粉末麺つゆ、というものなので、まぁどんなものにも使えるわけです。ある意味、濃口醤油の麺つゆよりは特に洋風には使いやすいですね。ポイントは香り!

2012年3月 2日 (金)

紅麹の甘酒

120302
京都のお味噌屋さんが作っておられる、紅麹の甘酒です。麹の赤い色がとってもかわいいピンク色の甘酒! 桃の節句のこの季節にぴったり~とゲットしてみました。ほんわかピンクというよりはかなりしっかりピンク色で、「桃色」と呼びたくなる感じです。白酒の代わりに、お嬢ちゃまたちにはなにより、ではないでしょうか。
紅麹といえば、中国の腐乳や沖縄の豆腐餻がぱっと思い浮かびますが、甘酒になると普通の麹の甘酒と劇的に違う、というわけではありません。ちょっと風味というか、香りがいつもの白い甘酒より固い感じはしますが、お店の方もお味は同じですよ、とおっしゃっていたぐらいの違いですね。
紅麹はむしろ健康ネタ的に大注目だったりするのですが、久保としてはそれよりもこの素敵な色に惹かれます。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411