フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月27日 (月)

甘平

120227
紅まどんなについで、愛媛県がいちおし!(→愛媛県農林水産研究所果樹研究センター)というので、お取り寄せしてしまいました。カンペイと読むのだそうですが、音だけ聞くとどうにも「お軽勘平」って思ってしまって笑えます。
おみかん!って思うと大きくてびっくりします。ので、写真もお隣に紅玉をおいてみました。ほとんど大きさが変わらないくらい。甘平も手で簡単に皮がむけるのですが、紅まどんなほどむきにくくはないものの、やっぱりとっても皮が薄い。そして筋が少なくて、ホント、理想的なTVオレンジです。実はジューシー、というよりは八朔っぽい粒が立った感じ。八朔の身質、食べ心地に伊予柑の風味、とでもいうのでしょうか。ただ、紅まどんなと違って、この時期はもうはるみやら清見やら強豪ぞろいなので、好みが分かれるところ、という気がしました。

2012年2月22日 (水)

てんたん

120222

またまた新顔の晩柑類?と思ったら、文旦の高級品!だそうです(→JAとさし)。南向きの斜面で「天」の恵みを受けて、10年(てん)以上大切に育てた極上の文旦(たん)、というネーミングなんだそうです。
確かに、普通に売っている文旦よりぐっと大きいし、黄色さがつややかだし、重い。大きさは軽くグレープフルーツ越え、ですもの。果物売り場でもかなり目を引きます。文旦らしく分厚い皮も、いっぱいの種も健在ですが、さわやかな香りいっぱいで甘やかな酸味とさっぱりした甘みが極上、の冠にふさわしい感じです。
昔から祖母のところに特級品の文旦のいただき物があって、おすそ分けをいただいていたので、かなり文旦にはなじみがありますが、さすが!な「てんたん」でした。

2012年2月17日 (金)

ジンジャーエールオリジナル

120217
なんだかあんまり瓶、というかラベルがかわいくて思わず買ってしまいました。ジンジャーエール好きだし、今流行ですものね、しょうが。
で、これ底におりのようにしょうがのおろしたもの?ですかね、何か沈んでいるんです。振るとご覧のように白濁した感じになるのですが、一応これ、ソーダですからねぇ、飲むときに振るわけにはいきません。
お味のほうは、さすが、オリジナルと銘打っているだけあって、ぴりりとしっかり辛く、自家製っぽい感じ。ウィルキンソンのドライぐらい辛いのですが、このおりのせいかもっとまったりした感じ。でもちょっと、これを飲むと、自分で作ろうという気になっていいかもしれません。

2012年2月13日 (月)

とき色ひら茸

120213_2
きのこ売り場で圧倒的に目をひく色!! 毎年お取り寄せしている天然のきのこではピンク色のほうき茸とか見ているのですが(→お教室便り10月)、これはまた鮮やかです!!
火を通すとちょっとオレンジ色っぽくなってこの鮮やかさはお皿の中までは持っていけない感じなのですが、それでもきのこの色としてはかなりきれい。パスタやリゾットに使いたくなりますね。平茸特有のえぐみというか苦味というかくせがちょっとあるので、油などと一緒に使ったほうがあいそう。あっさり味にするときはゆでてから水にとってしっかり水切りをしてから使ったほうがよさそうです。

2012年2月 5日 (日)

お教室便り

節分もすぎましたが、まだまだ寒い週末に、今月のお教室が終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今月はちょっと珍しい、グレ。正しい和名はめじな。釣り好きの方にはとってもポピュラーなお魚ですが、市場には余りたくさん入ってこないお魚なので、お初だったかと思います。寒の時季は脂が乗っていて、臭みも少なく甘い身が楽しめるのですが、暖かくなると磯臭い、とあまり歓迎されないようです。今回もお腹はまさに内臓脂肪でいっぱいでした!結構大きかったので、アラも身もたくさんお土産でお持ち帰りいただきましたが、活用していただけたでしょうか?

120205
お料理写真はMEMBER'S BLOGにUPしてありますので、お教室会員の方はそちらの方をご覧下さいませ。
次回は3/3(土)5(月)に開講予定です。お申し込みお待ちしております。

2012年2月 3日 (金)

御題筆

120203
お正月に干支と並んでモチーフとしてよく使われるのが、歌会始の「御題」です。
今年は「岸」。和菓子などでは御題にちなんだものがわりに普通に見られますが、筆で御題にちなんだものって初めてです。しかもきれいな色~!!! ちょっと筆、というものの概念の色から遠くてびっくりしましたが、「岸」にちなんだ水と降り注ぐ光の色、なんだそうです。
いつごろからこうしたカラー彩色の筆があるのかわかりませんが、きっと外国の方にもすごく受けそうなラブリーさです。
お菓子の場合もそうですが、御題を抽象化してモチーフにするところってとってもモダンアートに近い感性ですよねぇ。伝統の深さ、強さに今年もたくさんびっくりしそうです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411