フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

みつきいも

101031

…というタグがついていたので、???何???と買ってみました。調べてみれば、安納芋のこと(→種子島の安納芋)。
ただ一口に安納芋と言っても、今や3種類もあることを発見。安納紅、安納こがね、在来種の安納芋(→鹿児島県農業試験場研究報告.pdf)。皮の色からみるに、このみつきいもチャンは安納こがねのちっちゃいの、みたいです。
安納芋はいまや焼きいも通販界の大ヒット商品らしく、蜜芋とか、安納蜜とか、いろいろな名前でポピュラーになっているようですね。10年ぐらい前にこのへんの安納芋とか種子島ゴールドとか安納紫とかをお取り寄せしたときは、それほど記憶に残らないお味だったのですが、いやいやホント!おいしいお芋です。オレンジ色がかって甘いお芋さんでワタクシ好みのねっとりタイプ。でも気をつけないと、お芋のオーブン焼きほどバター消費量が増えるものもないので、後がオソロシイです(笑)

2010年10月27日 (水)

なた豆 +その後

101027

完熟した豆のお茶が健康ブームになったなた豆(→なた豆協会)の若さやです。
若いうちは野菜。中でも福神漬けに使われていておなじみ…と言いたいところですが、わかっていませんでした、全然。だって、福神漬けにはこのお豆の断面しか登場しないのですもの。薄切りになって、入っていますからねぇ。と言うわけで、生なた豆ははじめてみました。
モロッコいんげんを分厚く、大きくしたような感じですが、さすがにお漬物が一番おいしい食べ方、といわれるだけあって、どんなさや豆よりもしゃっきりとした肉質。薄切りにしてゆでてもしんなりなんかなりません。たしかに、これは福神漬けだわぁと感心感心。若干の青臭さはさすがにさや豆っぽいですが、しっかりした肉質なので、明日は煮てみようかなぁ。

追記。
……やってみました。煮なた豆。
いやはや、完全に失敗(涙)。身のところはとろっとやわらかく、おいしく煮えるのですが、稜線みたいに盛り上がったところの筋&さやの内側の皮(豆が熟したときの内側の皮です)が、まったくやわらかくならずに残るのです。筋はひいてしまえばいいようなものの、内側の皮はどうしようもなし。やわらかく食べるのはピュレとかにしないと無理そうです。やっぱりお漬物が一番なんでしょうか?

2010年10月22日 (金)

会津小菊南瓜

101022

会津の伝統野菜。江戸時代から作られているという東北きってのブランドかぼちゃです(→福島県農業振興課)。
赤茶色の皮が特徴的な菊南瓜で、もちろん日本南瓜系。ぽくぽくの栗南瓜とは違う、ねっとりしっとりした肉質は黒皮南瓜なんかと同じですね。なめらかな肉質はたっぷりだしを含ませてこそ。しょうがをきかせた和風含め煮とにんにくをきかせた洋風含め煮にしました。どちらも味は控えめに、だしは濃い目にが菊南瓜をおいしく食べる秘訣です。だしの旨味を含んだ南瓜のしっとりとした食感とほのかな甘みが栗南瓜とは違ったおいしさ。実はカロリーも半分くらいって知ってました??

2010年10月16日 (土)

アフォーラ

101016

オーストラリア産のまるでみかんのようなオレンジです。ほとんど資料を見つけられないので、なにとなにの掛け合わせなのか、とか全然わからないので、来歴をご存知の方がいらしたら、ぜひぜひご教示を!!
見た目もまったく真冬のみかん!な感じなのですが、剥いてもまさにみかんと同じ。ただ、剥く端から香りがまったく違います。みかんより、せとかとかマーコットとか、オレンジ系晩柑類みたいな甘く強い香り。味もみかんよりせとか系。種もあまり多くはなく、かなりのヒット! え~これ日本でも作って~!!!!と思いました。

2010年10月12日 (火)

オクラのその後

先月ブログにも登場した花材のオクラ(9/19)ですが、その後元気にどんどん成長し…。花も咲き(この季節に!)、花生の中に根を伸ばし、ついに実がなってしまいました!! 活けてわりとすぐに一回花が咲いて、小さい実がなりました。
101012_1

…が、すぐに落下。やっぱり秋になったら無理よねぇ、なぁんて思っていたら、なんのなんの、10月にはいってから実をつけ、立派にここまで成長してしまいました。どんどん上に伸びるのですが、根を伸ばしているのでかわいそうになって下を切れずにいたら、最初より10センチは上に伸びた気がします。あんまり元気にのびるのでそのままおいているのですが、さぁていつまでおいておきましょうか。まずこの実は収穫するべきか? 悩ましいところです…。

101012_2

2010年10月 8日 (金)

絹皮なす

101008

なすもそろそろ終わりにかかる時季ですが、愛媛県西条の特産なす、絹皮なすを見つけました。
米なす?と思うくらいの大きさですが、ヘタが緑色ではなく、加茂茄子みたいに紫色。西条市の伏流水で育つのだそうで(→JA西条)、名前の通り皮が薄くてやわらか。身も長なすっぽいやわらかさです。ぬか漬けも水なすとも普通の中長なすとも違う、ふわんとやわらかい感じに漬けあがってまた違ったお漬物みたいです。火を通しても皮のやわらかさとともに身のとろとろっとなるやわらかさが長なすに近い感じ。
こうした名産なすは時季にしかないので、終わってしまう前にまた買えるかしら?

2010年10月 4日 (月)

10月 贅沢の会

●なすともってのほか、みょうがの吸い酢仕立

10_1_2
●初雁豆腐
10_2_2
●ぎんなんとえびの真蒸、清まし仕立て
10_3_2
●庄子の薄造り、辛味おろしレモン酢
10_4_2
●庄子の油煎り
10_5_2
●菊寿司
10_6_2
(栗蒸し羊羹)
10_7
◆旬菜の会は来月は11/6(土)10:30、11/8(月)10:30、
贅沢の会は11/6(土)15:30に開講いたします。
お申し込みはHPからどうぞ

10月 旬菜の会

●なすともってのほか、みょうがの吸い酢仕立

10_1
●初雁豆腐
10_2
●ぎんなんとえび真蒸、清まし仕立て
10_3
●穴子の蓮蒸し
10_4 
●菊寿司
10_5
(栗蒸し羊羹)
10_6

◆旬菜の会は来月は11/6(土)10:30、11/8(月)10:30、
贅沢の会は11/6(土)15:30に開講いたします。
お申し込みはHPからどうぞ

2010年10月 3日 (日)

お教室便り 10月

101003

さわやかな風の感じられる先週末に、今月のお教室が終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
先月きのこは使ったし、何にしようかとぐずぐずしているうちにぐっと涼しくなったので、やっと気分が秋!になり、菊をふんだんに使ってあえものとお寿司に。お寿司のイクラは作っておいたので、ご自分たちで作っていただいた方はお土産に。ゆり根もふんだんに使って京都の松屋さんの名菓初雁のアイディアをいただいて作ってみました。おひとりずつ包んでいただいたので、顔つきもいろいろ。そして旬菜のほうは蒸し物が登場。贅沢のほうはおひとり半身ずつ庄子(潮子とも)をおろしていただいて、薄造りと焼き物を。庄子はかんぱちの子供。それにしても皆さんおろすより、薄造りに手を焼いておられる様子ですね。またやりましょう!
そしてしめは栗蒸し羊羹でした。ハイ!先日の栗はこうなったのです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411