フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

童の帯

100428

締めていると、見知らぬ方から「まぁ、かわいい」とお声をかけていただけることの多い、なんだか得をする帯です。
実はこの帯、10代のころに買ってもらった真っ赤な塩瀬の染め帯だったのです。…と言うと??マークが飛びますよね。とっても好きなお気に入りの帯だったので、さすがに赤い地色が締められなくなってもずっと「なんとかならないかなぁ」と思っていたもの。
紬の帯を染め替えて(→08/11/14染め替えの帯)その出来映えにすっかり調子に乗った私は、模様を切り抜き、こげ茶色の織り帯の無地に貼り付けることに。縁がわからないように模様と同じような刺繍でなじませていただけたのもあって、まったく切り張りをした印象はありません。おかげ様でまたまた大のお気に入り帯として大活躍中です。帯もいろいろ染め替えやら再生させましたが、この帯が一番手がかかっているかもしれません。

2010年4月24日 (土)

鯉焼き?

100424

昨年も確か取り上げたはず(→09年鯉のぼり)、と思いつつまた買ってしまいました。しかも2種類も。昨年のものとも形も違っていて、なによりこのお顔の違いに両方買うことになってしまったのです。
本当に単純な焼印なのに、全然違った鯉に見えますから不思議ですね。色もかなり違うように、生地も中身も全然違っていて両方買ってよかった~と思ったのは、口に入れてから。色の浅いほうは昨年のものとよく似たもち粉か何かが入った感じの生地で中が白餡少しに牛皮。色の濃いほうは小麦粉主体の生地で中が白餡にブルーベリーでした。

2010年4月19日 (月)

菊芋

100419

百貨店の青果売り場でおや珍しい? とゲットした菊芋。
最近はすっかりその成分が天然のインシュリンということで健康系の有名野菜になっているみたいですね(→菊芋普及会)。ずいぶん昔に初めてこの名前を聞いたのはフランス料理のメニューでした。topinambour[トピナンブール]って何?って思ったら「菊芋」と教えていただいたものの、「菊芋」自体もそれは何??と言う状態で…。その当時は写真で見ただけだったように思います。なので、そんな野菜が普通に八百屋さんで売っているのがなんだか不思議なような、感慨深いような…。
フランスには17世紀のはじめに入った野菜だそうで、日本でも第二次世界大戦後に配給されていたそう(→日本糖尿食研株式会社)。見た目より生のときはしゃりしゃりした肉質ですが、ゆでるとちょうどゆでた長芋の固いのとじゃがいもを足して2で割った、みたいな感じ。独特のセロリっぽいような香りがあって、アーティチョークのような風味なので、英語ではエルサレム・アーティチョークというのだとか。フランス料理ではクリーム煮にしたり、バター蒸し煮やピュレなどにして肉料理の付け合せに使います。
菊科なので、きれいな菊みたいな花が咲きますが、雑草並みにはびこるそうです(→ボタニカルガーデン)。

2010年4月14日 (水)

ピーチパイン

100414

手のひらに乗るくらい小さくて、見た目も可愛いパイナップルです。ビジュアルだけでも使いたくなる可愛らしさです。
重さで言うと普通のパイナップルの半分ぐらい? 桃の香りがするのでピーチパインという名前がついているそうで、果肉が白っぽいところからミルクパインともいうようです(→パイナップル王国)。確かに果肉はイメージするパイナップルよりかなり白くて、ちょうど桃くらい。香りもパイナップルの甘~い香りの中にちょっとさわやかな感じがします。が、言われないとピーチ、とは思わないかもしれません。
甘さの質もちょっとさわやか系で、普通のパイナップルよりさっぱり。芯も食べられるくらいやわらかい、ということでしたが、これはまぁ、食べられなくは無いという範囲で、芯は煮てジャム風にするといいかもしれません。
パイナップルの品種ってスナックパインぐらいしか意識したことがありませんでしたが、すごくたくさんの品種があるようです。このピーチパインは比較的新しい、ソフトタッチという品種だそう(→沖縄県農業研究センター)。「普通の」といっているパイナップルははてさて、なんと言う品種なんでしょうねぇ?

2010年4月10日 (土)

黄にんじん

100410

先日のお教室、旬菜の会で使った黄色いにんじんです。
店頭で、あれ?島にんじん??って思ったら、どうも形が違うんですけれど…。黄色いけれど沖縄の島にんじんみたいに細長くなくて、形はまったく普通のにんじんと同じ。どうも金美にんじん(→e-taneya野菜くだものI.G.S.)みたいです。中国の「Chinese-Yellow」という品種から選抜育成した黄色人参と通常の短根赤系ニンジンを交配して育種された人参なのだとか。にんじん特有の香りはやさしいので、にんじん嫌いの方にも大丈夫かも。普通のにんじんとミックスで使うとカラフル感が増してきれいなので、そんな使い方をしてみました。意外なことににんじんと異なり、切り口が茶色くなるので、さっと洗って使いました。

2010年4月 6日 (火)

「花まるマーケット」明日放映

明日4月7日の午前8:30から「花まるマーケット」(TBSテレビ)に出演いたします。
1人ランチのための超!お手軽なメニューぞろい。しかも『始末の料理』(2009/11/11)のような余り物大活用だけど、お野菜もいっぱいとれるヘルシーなラインナップです。お時間のある方はぜひご覧になってください!

4月 贅沢の会

●姫皮とわかめ、うるいのしょうが酢
04_1_2

●桜鯛の皮霜造り
04_2_2

●桜鯛と塚原産白子筍の油通し、潮仕立て
04_3_2

●桜鯛と白子筍の木の芽照り焼き
04_4_2

●つぶし豆ご飯(鯛頭とまつもの赤だし、日の菜漬け、あみ佃煮、鯛の子と白子しょうが煮)
04_5_2

(桜道明寺)
04_6_2

◆旬菜の会は来月は5/1(土)10:30、5/4(火)、贅沢の会は5/1(土)15:30に開講いたします。 お申し込みはHPからどうぞ

4月 旬菜の会

●帆立と新じゃが、白子筍のグリーンピースあえ
04_1

●金美にんじんとにんじん、ささみのクミン蒸し
04_2

●ほたるいかのラグーパスタ
04_3

●桜鱒と緑のメダイヨン、黒トリュフオイルドレッシング
04_4

●鴨と塚原産白子筍のポワレ、バルサミコと木の芽のソース
04_5

(清美とチョコレートのゼリー仕立て)
04_6

◆旬菜の会は来月は5/1(土)10:30、5/4(火)、贅沢の会は5/1(土)15:30に開講いたします。 お申し込みはHPからどうぞ

2010年4月 5日 (月)

お教室便り 4月

100405_1

花冷えの週末と月曜日に今月のお教室が終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今年も例年通り塚原からの極太白子筍が到着。ちょうど太いのが揃い始めた時期で、あまりの太さにゆでる鍋に悩むほどでした。やっぱりこの時期の塚原の筍は甘くて香りが豊かですねぇ。太いほうがおいしいし…。
旬菜の会では筍に加えて生のほたるいかや鱒、帆立など、そして季節の緑の豆類やアスパラをマグレ鴨に合わせて春らしい彩り豊かな洋風のお献立にしました。そして贅沢の会ではお魚屋さんの大サービスで使えた一本釣りの桜鯛をおひとり半身ずつおろしていただき、うるいやうどを加えました。ご自分でおろした半身を丸ごと食べていただいたので、それぞれ形も違っていたりして楽しいですねぇ。

100405_2

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411