フォト

Amazon

  • 現在Amazonで購入できる
    書籍リスト

    *NEW*
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    きちんと、おいしい 昔ながらの料理
    2016/4

    一流料理店のお弁当(エイムック 3208)
    一流料理店のお弁当
    2015/9

    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    きちんと、野菜の小鉢: ちょっとしたコツで「もう1品」がぐっとおいしくなる!
    2014/7

    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    決定版 料理の腕が上がる!基本のおかず
    2014/7

    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    ユウキ社員が教えるとっておきのレシピ
    2013/11

    美しい一汁二菜 ---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    美しい一汁二菜---「おいしい」と「きれい」には理由がある
    2013/4

    美しいパスタ―自信を持って出せる決めの一皿(大人の食卓シリーズ)
    美しいパスタ
    2011/7

    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    基本がきちんと身につく!お料理の教科書
    2011/3

    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    美しい盛りつけのアイデア―料理をもっと楽しみたい!
    2010/12

    美しいおせちとおもてなし正月料理―本格レシピからスピードレシピまで (主婦の友αブックス)
    美しいおせちとおもてなし正月料理
    2010/11

    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    圧力鍋でつくる毎日のおかず
    2010/11

    美しい盛りつけの基本
    美しい盛りつけの基本
    2009/12

    始末の料理―皮も葉っぱもおいしく食べる (レタスクラブMOOK)
    始末の料理
    2009/11

    1日350gの野菜生活 (講談社のお料理BOOK)
    1日350gの野菜生活
    2009/2

    差がつく料理の基礎知識 (これだけは知っておきたい 暮らしの知恵袋)
    差がつく料理の基礎知識
    2007/8

    ひとりでも、ちゃんとごはん (AC MOOK)
    ひとりでも、ちゃんとごはん
    2006/6

    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選 ?本格漬け物から即席漬けまで手軽につくれる少量レシピ
    旬の野菜でつくる おいしい漬け物60選
    2004/4

    定食屋ねこまんまへようこそ!
    定食屋ねこまんまへようこそ!
    2002/10

    超簡単 やわやわ、ぷるん―うちの人気デザート
    超簡単 やわやわ、ぷるん
    2001/7

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月28日 (木)

ほおずきジャム

100128

食用ほおずきのジャムです。わぁ、めずらしい!って思ったら、なんのなんの。最近はあちらこちらで栽培されているようで、ジャムもけっこう作っておられるところが増えているようです。なんだかフレンチレストランのプティフールのひとつにチョコレートかけなどが出てきて、「これなに~??」とか言っていた昔とは隔世の感がありますね。
が、ちょっと調べ始めたら、今度はこんなに品種があったんだ!とびっくりすることに。オレンジ色の大粒から薄緑色の小粒まで、いろいろあるみたいです。[ 園芸ネット:オレンジチェリートマティーヨ/タキイネット:ゴールデンベリー/おきなわ家:ストロベリートマト/園芸生活.com・アンデスゴールド ]
はてさて、このジャムはどの食用ほおずきのジャムなんでしょうね。
お味のほうは、意外に酸味は薄く、とろとろっと液状の部分とコロンとつぶの残った部分が混ざっていて、ヨーグルトなどにとっても合いそう。デザートにも加工しやすい感じで、ゼリーなども楽しそうです。

2010年1月23日 (土)

梅の柄

100123_2

100123_1

お正月からまずは出さなくっちゃ、な気分になるのが梅の柄の着物と帯。暮れには袖を通しにくく、かといって雛の節句には遅すぎ~という気になりますよね。1月がベストだけれども、初釜など重ための着物を着る機会の多い1月は、梅の小紋や染め帯はなかなか登場できないのです。なのでこの時期のお稽古やちょっとしたお出かけには梅ものを着ることに。1月中に手持ちの梅ものを着ておこう!と思うのですが、なかなか実現できないことも多く、なんとなく梅花祭(→北野天満宮)まではいいことにしよう、と自分なりの言い訳をしている毎年。今年も梅ものを駆け足で出しています。
梅は本当に写実的なものから文様化された柄まで花の中でも多種多様な使い方がされている気がします。上の染め帯は梅鶴紋(→家紋の湊 梅)という家紋を使ったもの。お太鼓の梅の柄ではなく、たれに入っているこの紋がかわいくて大昔に求めたものです。
下の小紋は母から譲られたもの。草木染で梅柄が唐草のように渦巻きに配置されています。今月もあと少し、1年に1回の梅に袖を通しましょうか。

2010年1月18日 (月)

あたご梨

100117

年末にいただいた超特大晩成のあたご梨です(M様ありがとうございました~)。お隣のlキウイすごい小さく見えますが、ごく普通サイズです。測ってみるのを忘れたのがかえすがえすも悔やまれますが、直径で16~17cmぐらい?たぶん重さも1k前後あったのでは、と思います。もうとっくにお腹に収まってしまったのですけれどね。
岡山名産で(→野菜果物辞典岡山中央卸売市場ネット)梨シーズンの最後を飾る、お歳暮シーズンの梨。食べる前にちゃんと調べればよかったのですが、追熟させるとさらにおいしくなるのだとか。ある程度追熟して出荷されているようなので、もちろんおいしかったのですが、もうちょっとやわらかくなるまでおいてみればよかったかも? お正月、まだ少し固めのうちにいただいてしまったのです。新高っぽい身質で、新高より酸味があってさっぱりした感じでしたが、もう少しおいてみたらもっと違った味だったのかしら、とちょっと残念。今ぐらいまでおいてみてもよかったようですね。洋梨もそうですが、追熟型の梨は追熟させ方が難しい…反省です。

2010年1月13日 (水)

テイスティング・ポテト

100113

珍しいじゃがいもばかり10種類セットになったもの。今期の販売はすでに終了してしまったようですが、『始末の料理』の撮影の際に、葉付き大根を分けていただいた"黄金崎農場"さんのものです。本当に撮影の際にはお世話様になりました!
今ではすっかりインカのめざめ、シンシア、アンデスレッドなど普通に並んでいるのを見かけるようになりましたが、ずいぶん前にそうしためずらしいじゃがいもばっかりの詰め合わせ!というので一気に有名になった農場さん。写真は左奥からノーザンルビー、デストロイヤー、シンシア、シャドークイーン、タワラムラサキ。右奥からつがる小雪、インカのめざめ、ヨーデル、アンデスレッド、じゃがキッズパープル。赤皮の芋がけっこう多いのですが、中まで赤い、というのはシャドークイーンとノーザンルビーだけ。シャドークイーンは紫っぽい濃い色で、ノーザンルビーはもっとクリームがかったやさしい赤です。先月のお教室でもその色を生かしたお料理に使ってみました(→12月旬菜の会)。テイスティングというのにふさわしいほど、お味も食感も違うので、ついつい比べて食べてみたくなって、なかなか危険?です。

2010年1月 9日 (土)

梅納豆

100109

物産展で発見した超特大梅の甘納豆。
梅の甘煮、としてよくあるタイプの梅干の酸味を抜いてシロップで炊いたものとは違う作り方で、生梅から直接作る?らしい。とっても大きいので、作れる年と作れない年がある、と言われたら買うしかないでしょ! というわけでゲットしました。
直径で3.5センチぐらい、普通の和菓子くらいのサイズです。梅のシロップ煮よりはずっと果肉がねっちりとしていて確かに甘納豆なんだなぁ、という感じ。それにしても、どうやって作るのでしょうか?青梅の蜜煮みたいに下ゆでするのかしら?知りたい~!!

2010年1月 5日 (火)

おやつ麩

100105

金沢のお麩屋さん製のお麩のラスク?! 
小さめのやわらかいお麩にバター風味のメープルシロップ味がからめてある、という感じのものです。パン製のラスクより食感がはかなくてほろほろさくさくと崩れる感じで、程よい甘みとバターの香り。ついついつまみすぎてしまいます。まさにネーミング通り"おやつ"なお菓子。昔に比べるとすっかり普段の食卓から遠くなっているお麩も、こんな形で再登場なら大歓迎!という方も多い気がします。すご~く上手に使われているのは、やっぱりお麩を知り尽くした老舗ならでは、なんでしょうねぇ。こんな和風お菓子がもっと増えるといいのになぁって思います。

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます!

100101

関東平野は快晴のお正月気分いっぱいの元日を迎えました。
昨年はたくさんの方に訪れていただき、本当にありがとうございました。今年もぼちぼちと書き連ねていきたいと思っております。どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

最近の写真

  • 160626
  • 160618
  • 160614
  • 160611
  • 160605
  • 160526
  • 160517
  • 160510
  • 160425
  • 160418
  • 160411